竹原自動車学校
今回のレースは高校、中学ともに 福岡から来た来た子たちが優勝! 写真左は約20分一人で逃げ続け、 最後つかまりはしたものの、高校の部 2位となった松山工業高校自転車部 のつわもの!
写真左の男性がもみじロードレース立役者の 胡井さん(元全日本チャンピオン)
広島県自転車競技連盟理事長 高橋さん(自転車競技出身で、今も早いです)

9月12日もみじロードレース第3戦が広島県竹原市の自動車学校で行われ スタッフとしてお手伝いさせてもらいました。今回は以前の時と違って晴天。 暑かったです。私はコース中最も落者の危険が高いシケインでコースマーシャル。 集団で落者があったら状況によってはレース中止を判断しないといけませんから、 息を抜けません。(しんどかったあ~)

 

事前の打ち合わせで大会委員長の胡井さんから選手がきちんと走れるよう 自分でしっかり考えて行動するよう、厳しいお話がありました。(落者があった場合 レース続行か中止か) 自転車は楽しい乗り物ですが毎年、競技中、サイクリング中、通勤中に死者が 出ている危険な乗り物でもあります。競輪選手の死亡事故も毎年あります。いろんな 意味でしっかり考え、行動しないとたいへんです。 この「自分でしっかり考えながら行動する」というのは、私たちの普段の仕事でも 同じですね。胡井さん他、スタッフの皆さんありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です